自分にあった働き方はどれ?

バイトの選び方でまず大切なのは、働き方です。バイトの働き方のスタイルとして、人と関わる仕事と関わらない仕事がありますよね。どちらのほうが自分に向いているのかどうか、しっかりと考えて選ぶ必要があるでしょう。人と関わる仕事は、飲食業の接客や小売店などでの販売、そして塾の講師などのアルバイトがあります。反対に関わらない仕事には、荷物の仕分けや引越しの作業があります。前者だと接客力などのスキルを身につけられ、後者だと関わるのはバイトの人達だけなので、怒られたりすることもなく自由にバイトをすることができるなど、どちらにもメリットがあります。

やっぱり大切!お給料はいくらなのか?

次に大切なのは給料です。やはりバイトをする動機として最も多いのが、お金を稼ぐためですよね。そのため、給料面もしっかりと意識して、バイトを選ぶようにしましょう。ポイントとしては、高時給なところを選ぶより、長時間働けるバイトを探すことです。高時給だともしかしたら、業務内容がかなりきついものかもしれません。また希望するシフトに必ず入れるわけではないため、給料がなかなか入らないという事態が起こります。それに対して長時間働けるとこだと、バイトの仕事にも慣れてくる上に、業務もそこまで厳しいものでもないので安心です。

バイト先はどこにある?意識して選ぼう!

最後に注目するのは、バイトをする場所がどこにあるかという点です。学校の近くや家から遠いかどうかを、チェックする必要がありますよ。雨や雪が降っても行きやすいかどうかや、終電に間に合うかどうかも意識して選びましょう。バイト先までの距離が遠いと、行く気が失せやすいと考えられます。また、良く利用される駅の近くでバイトをすると、従業員がたくさんいる大きな店舗の可能性が高いです。店員が少ないと、シフトの自由がなかなかきかなくなるため、辛くなってきてしまうかもしれません。店舗が駅の近くだとスタッフの数も多く、好きなときに好きなだけバイトを入れられるようになるでしょう。

高時給のバイトでは、より効率的にお金を稼ぐことができるため、短期間でまとまった収入が期待できる点が魅力です。

ここを意識しよう!バイト先の選び方のコツ