保育士の資格とは一体なに?

子供が好きな方なら、一度は夢見る、保育士というお仕事。では、実際に保育士になるためにはどんな資格が必要になってくるのでしょうか!まず、保育士の資格とは、保育園や児童福祉施設で働くために必須の資格になってきます。この資格がなければ保育士の先生になることはできません。2003年以前は、保育士というのは、任意資格でしたが、児童福祉法一部改正により、2003年以降から保育士の資格は、国家資格に指定されました。

保育士の資格を取るために必要なこと、その1

まず、 保育士の資格を取得するのには、主に二つの方法があります。まず一つ目は、厚生労働省が指定している学校、主に4年制大学、短期大学、専門学校、そして保育士養成施設に通うことです。保育士資格が得られる学校で、勉強し卒業すると、国家試験を受ける必要がなく、保育士の免許を自動的に取得することができます。試験を受ける必要がないところが、学校に通うことの良い点となってきますね。ですが、何らかの事情で学校に通えない方は試験を受ける必要があります。

保育士資格を取るために必要なこと、その2

では、保育士資格を取るための、二つ目の方法です。これは、厚生労働省が指定する保育士免許を取得できる学校に通えない方が取る方法です。保育士資格を取るためには、国家試験を受けなければいけません。学校に通えなかった方は、直接この試験を受け、保育士免許を取得する必要があります。ですが、この受験資格には短大卒か、それ同等の資格を持っていないと受けることができませんので確認が必要になります。試験勉強は通信教育や受験専門の学校に通うことが効率が良いとされています。

保育士の求人を探すなら、求人サイトを有効に活用しましょう。希望のエリアや給与を絞れば、短時間で理想的な求人が見つかります。

保育士になるには!その免許の取得方法とは!