保育士の活躍の場って?

保育士さんが働いいるところは、保育園だけだと思っていませんか?もちろん、保育園には保育士さんがたくさんいますね。しかし、ほかにも保育士さんが活躍しているところはたくさんあるんです。まずは、児童福祉施設です。認可保育園のほか、乳児院や養護施設、母子生活支援センターなどもあります。託児所や病院での採用もされています。子供たちのお世話をするとともに、保護者のサポートをするのも、保育士にとってはとっても大事なお仕事の1つなんですね。

子供の年齢層も幅広い!

保育園にはゼロ歳児ももちろん預けられます。小学校就学前の6歳児まで、保育園に通うことができます。先ほどあげた児童福祉施設に保育所も含まれますが、18歳まで利用できるのが児童福祉施設です。つまり、保育士さんはゼロ歳児から18歳までお世話をすることができる、って知ってました?中には障がいのある子供たちもいますので、保育士は障がいの有無にかかわらず子供たちをケアする知識を持った、保育のプロフェッショナルなんです!

子供たちの成長を見守る

大人の3年と比べ、子供の3年はとっても密度の濃いものです。特に就学前の子供たちの成長は目覚ましく、3日経っただけでもその成長を実感できるくらいです。好き嫌いなく食べられるようになった、縄跳びが飛べるようになった、上手におしゃべりができるようになった、一人で着替えができるようになった・・・などなど枚挙にいとまがありません。保育士とは、家族の次にそういった子供の成長を近くで見守ることができる素晴らしい職業ですね。

保育士資格を持っている方、保育士の求人なら神奈川県が良いです。待機児童解消に力を入れている為保育所が建設されていますし、求人数が多いです。

保育士になって子供たちの成長を見守ろう!