面接での質問は履歴書を見ないで行おう

自分の経営する会社に採用するアルバイトを選考する場合には、できるだけ質の高い人材を採用したいですよね。しかし、面接の時間は限られているために、どの人を選べば良いのか分からなくなってしまうという場合も少なくないでしょう。そこで、面接の際には、最初は履歴書を見ないで相手と会話するようにすると良いですよ。相手がどういった人間かを知るためには、目をしっかりと見て信頼できそうな人間であるかを注意深く観察するようにすると良いでしょう。

志望動機に注目することが大切

面接の際には、履歴書を見ながら会話を行いますが、その際に志望動機について詳しく聞く事が大切になるでしょう。数あるアルバイト先の中から何故自分の店で働きたいと思ったのかを知る事ができなければ、安心して採用を行う事ができなくなってしまいますよね。他の店と比べて自分の経営している店の環境をどのように志望者が感じたのかを率直に尋ねる事によって、志望者のそのお店に対する思いを知る事が出来る様になると言えますよ。

面接中の態度に注目する

面接中は、相手のマナーや言葉遣いを見るための唯一の機会という事ができます。もちろん、面接中ですから相手も言葉遣いには注意をしているでしょう。しかし、質問を重ねて行く事によってだんだんと言葉遣いの乱れが出てしまった場合には注意をしなければなりませんよ。特に接客業では、少しの心の油断が大きなミスに繋がってしまうという場合もありますので、言葉遣いは最初から最後まで丁寧な話し方をする人を採用するのが得策でしょう。

CADオペレーターが保有すべき資格には、CAD利用技術者や3次元CAD利用技術者などの種類があります。

良い人材を集める!失敗しない面接のコツとは?