保育士免許を取得するには?

保育士免許は、国家試験ということもあって難しいという認識があるのですが、確かに専門的な知識を学ばなければならないために難しいです。ですが、取得するための条件として挙げられるのが、年齢制限だけですので、誰でも受験資格があるのです。そのため、最近では転職活動のために保育士免許を取得するといった人も多く存在するほどなのです。試験は筆記試験と実技試験に分けられているのですが、十分な対策をしていると誰でも取得が可能というわけですよ。

独学で保育士免許を取得する

保育士免許を取得するときに、短大や専門学校に行くことができないという人が存在します。そうなったときは、独学で取得を目指すことになるのですが、市販の参考書でも十分勉強することができます。他には、通信講座を利用することによって勉強することもできます。どちらも、かなり効果的な勉強方法ですので、知識を身に付けるためには十分な勉強方法です。しかし、専門的な知識が多いために中々頭に入ってこないというのが難点であるため、覚悟しなければなりませんよ。

教育機関で勉強して取得

保育士免許を取得するときに、通っておきたいのが短大や専門学校といった教育機関です。こういった教育機関では、様々なことを教えているのですが、保育士に関しては実習も行うために、保育士になる前の良いモチベーションアップにもつながりますよ。また、教育機関では卒業すると同時に保育師免許を取得することができるという支援も行っています。これには、規定の実習日数と単位が必要になってくるのですが、試験が免除になるため非常に便利ですね。

保育園の求人を探すにはハローワークに求職の登録をすると良いです。なぜなら、外部から「あの園は先生が足りていない」「お給料は○円らしいよ」など保護者の不安をあおるからです。

保育士免許取得は意外と簡単!?その方法を紹介します!